ケアハウス 保証人

ケアハウス 保証人

ケアハウス 入居時に必要な保証人?

多くのケアハウスや介護施設では、入居時に保証人・身元引受人が求められます。

 

ケアハウス 入居時に必要な保証人の主な役割は?

 

  • 入居者が緊急時の連絡先となる
  • 入居者が治療を受ける際の治療方針の判断や入院の手続きなど
  • 入居者が月額費用の支払いが滞ったばあいなどの連帯保証
  • 入居者が亡くなった時の引き取りや未払金の清算など

 

 

ケアハウス入居

 

 

このように、入居の条件として2番目に「保証人のある方」
というようにケアハウスへの入居には必要な条件となります。

 

多くの場合は家族や身近な親せきがその保証人となるでしょう。
経済的に独立した別世帯の人が対象となります。

 

さらに、緊急連絡先として一人以上、できれば2〜3人の連絡先が必要となります。

 

保証人の収入に関しては多くても少なくても特別な規定はありませんでした。

 

保証人の役割は、緊急時の対応や判断能力低下時における意思決定の代理やもしもの時の身柄や遺留金品の引き受けです。

 

保証人という言葉のイメージからすると、何か大きな責任が発生しそうで不安になる方もいるでしょう。

 

しかし、よくよく考えていただくと経済的な支援や負担が特別必要なほどの入居費になることはありません。

 

本人の収入によって施設の利用料金も決まっています。入居の条件でも本人の収入についても確認されます。

 

なので、特別な負担はありませんので心配はないでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ