ケアハウス 入居条件

ケアハウス 入居条件

ケアハウス 入居条件

ケアハウス 入居条件

 

 

「ケアハウス」は、自治体の助成を受けているため、有料老人ホームよりも低価格でサービス提供できます。
また、自治体が運営している施設もあり、安心して入居できます。
ケアハウスの入居条件として身寄りがなかったり、家族との同居が困難だったりする高齢者が、比較的低額な料金で入居できます。

 

ケアハウスの入居では、高齢者はこれまでの家庭の日常生活に近い環境で、最低限の生活支援サービスを受けながら、自立した生活を送ることができます。
ケアハウスの入居後の主なサービスは食事提供で、高齢者に適した献立を毎日3食提供しています。
施設によって差はありますが、基本的には全室個室で、施設全体にバリアフリーの配慮がされており、車イス利用者も不自由なく生活ができるように工夫がされています。
食堂や浴室、洗濯室が共有スペースになっていたり、施設内イベントが催されたりもすることから、入居者同士のコミュニケーションが盛んなのも特徴です。

 

そんなケアハウスの入居条件の目安は、次の項目に該当するような方です。
ケアハウスの入居条件を確認してみましょう。

 

  • 年齢が満60歳以上の方
  • 家庭環境や住宅事情によって家族と同居が困難な方、または一人暮らしで 高齢等のため独立した生活をするには不安が認められる方
  • 自炊ができない程度の身体機能の低下があっても自立した生活ができる方
  • (伝染病疾患がなく、かつ問題行動を伴わない方で、共同生活に適応できる方)
  • 所定の利用料金等が負担でき、確実な身元保証人がたてられる方

 

 

そんなケアハウスには「一般型」と「介護型」の2種類があります。
一般型は、「最低限の生活はできるけれども、独立生活に不安を抱える、自立した60歳以上の高齢者」を受け入れる施設です。
一般型ケアハウスの入居者は、介護職員の援助を受けながら、食事・掃除・洗濯などの日常生活を過ごします。

 

一方、介護型は要介護者も受け入れています。入居者は食事や入浴の介護を受けたり、機能訓練や医療サービスを受けたりすることもできます。60歳以上であれば入居できる一般型に対して、介護型は65歳以上かつ要介護度が1以上の高齢者のみが入居可能となっています。また、介護型は軽度の認知症の入居も受け付けています。

 

 

ケアハウス 料金

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ