ケアハウス 入居

ケアハウスへの入居を決断した。

ケアハウスへの入居を決断した。

ケアハウスへの入居を決断した。

 

父親が亡くなって、数ヶ月。

 

母親の様子がどんどん変わっていった。

 

ぼんやりして、口数も減り、活気がなくなっていった。

 

やっぱり、寂しいんだ。

 

二人で暮らしているときは、

 

「お酒を飲み過ぎる。」とぼやいていたのが、

 

もう、ぼやく相手もいなくなってしまった。

 

残された母を見て、決断した。

 

「まだ一人で生活出来るうちにケアハウスに入ろう。」

 

母もそれを望んだ。

 

「子供には迷惑をかけたくない。」

 

そう思っているようだったから。

 

ケアハウスへの入居は、父親の容態が悪化してから

 

なんとなく意識していた。

 

なぜなら、

 

高齢化社会といわれる現代、「親の介護」は避けては通れない。

 

車で1時間、そう遠くないと思っていたが、

 

頻繁に行き来するには大変だ。

 

しかも、まだ子育ても終わっていない。

 

そんな状態で、母親の面倒を見るのは無理がある。

 

しかし、どうしても施設に預けるということへの抵抗があった。

 

寝たきりになったわけでもないのに

 

住み慣れた環境から離れることへの不安があった。

 

けれど、安心して暮らすには、

 

ケアハウスへの入居は避けられないと考えていたからだ。

 

そこで、

 

母の様子を見て、

 

ケアハウスへの入居を決断したのだ。

 

このまま一人で寂しく暮らすよりも

 

安心で安全、そして何よりなのが

 

人との触れ合いだった。

 

スタッフや入居者との日々の何気ない触れ合いが

 

母の寂しさを紛らわしてくれる。

 

そんなケアハウスを探して、入居することとなった。

 

ケアハウス入居

 

老人ホーム・介護施設の種類

 

 

 

 

 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ